上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかオモロイもの拾ってきました。
ネタだと思うんだけど、その某掲示板では一番有力らしいけど。
でも…多分ネタだけどちょっと突っ込みたい部分あったのでのせます。

ネタ話とか嫌いな人見ちゃあかんでー!
「機動戦士ガンダムSEED Truth」
主人公は「キラ」と「アスラン」の子供「ヒカリ・ヤマト」と「クレア・ザラ」
地球、プラント間であったデスティニープランを巡る戦いから20年…新たな戦いの狼煙は上げられた。
オーブは先の大戦の英雄国として各国の模範となっていた…それが元で国内でMSの所有について三派に分かれることとなった…
「カガリ」を筆頭とする戦争を起こさない為に全てのMS破棄するべきと考える「穏健派」、「キラ」と「ラクス」を筆頭とし、「アスラン」や「AAクルー」も賛同する国の防衛として最低限のMSは所有すべきと考える「国防派」
そして、他国の牽制の為にもMSを量産すべきと考える「推進派」
事の発端は「推進派」の勝手な行動から始まった
「推進派」は「穏健派」「国防派」に何も言わずにモルゲンレーテで7機の最新鋭MSを製造していた。「ORB-X17 オウカ」「ORB-X21 コテツ」「ORB-X26 ヒナギク」「ORB-X44 ソウハク」「ORB-X56 ミナヅキ」「ORB-X63 ゲッコウ」「ORB-X77 ライコウ」の7機であった。
この7機は、先の大戦の英雄機である「ZGMF-X20A ストライクフリーダム」「ZGMF-X19A ∞ジャスティス」「ZGMF-X42S デスティニー」の5~10倍の出力があるが、その為パイロットを選ぶ機体であった。
ロールアウトされた7機のテスト中、モルゲンレーテに侵入者をあらわす警報が流れ、その直後に5機のMSが何者かに奪取されたのであった。
モルゲンレーテから所属不明のMSが現れた報を聞き、「キラ」と「アスラン」は「ストライクフリーダム」と「∞ジャスティス」を駆り、モルゲンレーテに向かう。
その頃、モルゲンレーテでMS技術研究をしていた「ヒカリ・ヤマト」と「クレア・ザラ」は奪取を逃れた「オウカ」と「ヒナギク」を見つけ、起動させていた。
「オウカ」と「ヒナギク」が駆けつけるも激しい戦闘の末、「ストライクフリーダム」と「∞ジャスティス」は中破していた。
その現状を見た「ヒカリ」と「クレア」は奪取された機体に戦闘を挑むが、強奪された機体には逃げられてしまった。
奇跡的に「キラ」と「アスラン」はほとんど無傷で無事だったが、守る為の剣を折られてしまった2人は意識を失くしてしまっていた。
「ヒカリ」と「クレア」は父をこんな姿にした者を倒したい為に強奪機の討伐部隊と「オウカ」と「ヒナギク」のパイロットに志願したのであった…

一番気がかりなのは20年経ったキララク、アスカガの面々。
正直痛々しくて見たくありません。
だってアスランとかさ、ヒゲはやしてそうじゃない?
イヤァァァァァァァァァァ!!
人間はいつかは老いるけど、アニメなんだからいいんじゃないの!
若いままで!

というわけで、それだけです。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


また感想多いんでしょうね!本格的に戦闘開始したアークエンジェルVSミネルバ。艦長が二人ともかっこいいのなんの!似たもの同士ですね。戦いたくないだろうに・・。イザー おたっきぃ☆な日々【2005/09/24 22:47】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ハミだせ!! 青春。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。